J-クレジット制度について

J-クレジット制度とは

国内クレジット制度に引き続き、当社が、J-クレジット制度の活用を強力にサポート!

J-クレジット制度は、省エネルギー機器の導入や森林経営などの取組による、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度です。
本制度は、国内クレジット制度とオフセット・クレジット(J-VER)制度が発展的に統合した制度で、国により運営されています。
本制度により創出されたクレジットは、低炭素社会実行計画の目標達成やカーボン・オフセットなど、様々な用途に活用できます。

  • クレジットの売却益
  • 省エネルギー対策の実施によるランニングコストの低減
  • J-クレジット制度に関わる企業や自治体との関係強化などなど

『一定の条件を満たしたプロジェクト』については、J-クレジットの「ソフト支援実施機関」である当社が登録までバックアップします。

【国内クレジット制度・J-クレジット制度での支援実績】
制度を利用された北海道の事業者数 計:203事業
うち、当社が支援した事業は 178事業(2008〜2016年度)

下記の条件を満たす事が必要です。

  1. 日本国内で実施され、年間のCO2排出削減量(見込)が100トン以上であること
  2. 登録申請日から2年以内にプロジェクトを開始していること
  3. 平成25年4月1日以降に実施されたものであること
  4. プロジェクト実施者が、地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)の報告対象でないこと
  5. 本制度で承認された方法論に基づいていること
  6. 追加性を有すること(投資回収年数が、およそ3年以上であること)

『J-クレジット制度について』『ソフト支援機関が無料で支援できるプロジェクトについて』『「移行届」について』『クレジットの活用について』などは、当社にお問い合わせください。

北電総合設計株式会社 エネルギー部
〒060-0031 札幌市中央区北1条東3丁目1番地 北電興業ビル2階
TEL:011-261-6545/FAX:011-261-6547
E-mail:energy-hss@hokuss.co.jp

J-クレジット制度
J-クレジット制度 専用サイト

▲ TOP